遺品整理時に買取を依頼し、負担を減らそう!

遺品整理を進めていると、不要品が出てきますよね。そのような時には、みなさんどうしていますか?考えられる選択肢を挙げてみました。

持ち込みor出張買取

 

リサイクルショップに持ち込む

自分でリサイクルショップに持ち込み、査定を依頼する事もあると思います。比較的、運びやすい不要品等はこの方法で満足する査定額なら納得できるのではないでしょうか?デメリットとしては、大型の家具等は運び出すのが困難である事です。2人いれば、なんとか運び出す事も可能でしょうが、その後、持ち込む為の車両が必要となりますよね。トラック等を所有していれば解決できますが、お持ちでない方も多いと思います。

出張買取を依頼する

持ち込む以外の方法として、出張での買取を依頼する事も考えられます。自分たちで整理をしてある程度、不要品がまとまったら、依頼するケースがほとんどであると思います。自分たちで選別作業などの整理を進めていく事になりますが、かなりの労力を要します。

出張買取は便利である事から、多くの人が利用されていると思いますが、買取できない不要品は室内に残る事になりますよね。不要品も価値のあるものばかりでは、ない現状があります。

遺品整理時に買取を依頼する

遺品整理時に買取サービスをしている業者も多くみかけます。勿論、ノスタルジアでも遺品整理時に査定買取をし支払い料金より値引きさせて頂いております。

ただし、全てが買取となる事はありません。一般的には、リサイクル市場などで価値がある物に限ります。家電製品であれば、製造より5年以内である等です。商売でしているので、価値のない物には値段を付けられないのが現状であります。しかし、無料で引き受ける事が出来ますので、その分の処分費用を浮かす事に繋がるのではないでしょうか。

稀にですが、美術品の買取を希望されるお客様がおられます。正直申しまして私共は骨董品に長けているわけではないので、査定に迷いが出てしまいます。そのような場合には、正直にお伝えし、古美術専門の業者さんに査定をご依頼する事をお勧めしております。勿論、ビジネスとしては、よくないのでしょうが。もし、すごく価値のある品であった場合には、お互いにとってよい選択であったのではないかと思います。正直が一番です。この文章を読んでノスタルジアの買取査定に不安を感じた方もおられるかもしれませんが、ただ、正直なだけです。査定に自信がない時には、ハッキリお伝えします(笑)。ですが、これまでのお客様にも納得頂いており、買取査定額も自信をもって提示させて頂いておりますので、その辺は、ご安心下さい。そして、出来る限り査定価格を勉強させてもらいますので。