遺品整理に繋がる断捨離

断捨離の極意をお伝えします

ものを捨てられずにクローゼットや押し入れの中に仕舞いこんでいる人も多いのではないでしょうか?いざ、決心して断捨離を始めても途中でギブアップしてしまった経験はありませんか?そんなあなたに断捨離の極意をお伝えしたいと思います。

大事なのは、現在進行形で「今、使っているものか?」かどうかです。この一年で使ったものはあなたにとって、必要なものです。では、使わなかったものは「不要品」となります。この記事では、5つのルールをお伝えしたいと思います。

「使っているもの」以外は残さない

捨てる事が苦手な人はものの価値を「高かったから」「もったいないから」「いつ使う日がくるから」などの執着心が強く、なにもかも必要に感じてしまっている事が多いのではないかと思います。判断の基準としては「いるorいらない」ではなく、「使っている」かどうかです。この一年で使ったものは、残すようにします。そうする事で使わなかった不要品を見出すことが出来ます。ただし、今使っていないものでも、「好きなもの」や「使っている場面がイメージできるもの」は残しておいて構いません。

すぐに捨てなくてもいい

あまり使っていないけど「高価であったバック」等、捨てるのには勇気がいりますよね。そのような決心がつかない時には一時保留BOXを用意し、その中に保管しましょう。後で判断すれば、いいのです。大切なのは「今使っているもの」の出し入れをしやすくすることなのです。

ものの適正量を知ること

あなたは、タオルや靴下など必要以上に持っていませんか?人によって違いはありますが、実は、一人3枚もあれば足りてしまいます。この数を「適正量」と呼びます。片付けが出来ない人の多くは、ストックがあり過ぎて出し入れが困難になっている場合が多いのです。そして、整理が面倒になり散らかってしまうのです。

「不要品置き場にいくら払っているのか?」を考える

あなたの家に不要品は、どのくらいありますか?もし一部屋を不要品置き場にしているのであれば、その置き場のために毎日、お金を払っていることになります。家賃や住宅ローンの一部が不要品のために支払っていると考えると、もったいないですよね。コストに意識を傾けると、片付けにも力が入るのではないでしょうか。

行動するのは自分

不要品の山を見てストレスを感じる事がありませんか?あなたが片付けなければ、だれもしてくれません。先の人生、ストレスを抱えて生きていく事になります。心身ともに快適な生活を送りたければ、断捨離をするのは早い方がいいですよね。あなたが行動をすれば、終わりは来ます。何もしなければ、明日は変わりません。

 

 

最後に、断捨離をする際に注意して欲しいことをお伝えします。

片付がはかどってスペースが出来たとしても、同時進行でその場所に何かを仕舞う事は考えないでください。続けるうちに仕舞いたいものが変わってきます。空いたスペースはそのままにしておき、断捨離を進めていきましょう。ものが減れば収納する事も楽になってきます。そして、長時間続けない事です。気分が乗って一気に進めたい気持ちも理解できますが、かなりの労力を消費しますので、毎日、少しずつ行うのが良いと思います。頑張り過ぎないでコツコツと進めていきましょう。必ず、終わりは来ます。

どうしても、自分だけで断捨離をする事が出来ないと思う方は、ノスタルジアにご連絡ください。遺品整理専門業としてのノウハウで断捨離のお手伝いをさせて頂きます。まずは、お問い合わせ下さい。

こちらより、どーぞ