遺品整理時の供養とは?

故人の遺品を供養するためにお焚き上げをされることも多いと思います。遺品には魂が宿ると伝えられており、遺品を整理する場合には、供養することは大切なことです。

お焚き上げが必要なものとは?

供養、お焚き上げが必要なもの

供養が必要なものとは、故人が愛用していたものです。例えば、衣類や寝具など。生前、故人が大切にしていたものや思い入れのあるものなどが挙げられます。故人が生前に残しておきたいと話されていたものなどは、形見分けするなどして、出来る限り処分せずに使用してあげるのが良いでしょう。

供養、お焚き上げの風習

遺品の供養、お焚き上げは日本古来の風習です。日本では古くからものや自然に魂が宿るとされてきました。昔話では、粗末にしているものが妖怪になるという言い伝えもあり、現在でも行われている針供養は、その名残ともいわれております。そのため、日本では神仏化したものや擬人化したものは、丁寧に扱っています。人形やお札、お守り、仏壇などがこれにあたります。

お焚き上げとは故人の冥福を祈ること

故人が使っていたものには、さまざまな思いが込められ、なかにはまだぬくもりが残されているものも少なくありません。遺品の中には、名残惜しくて手放すことが難しいものもあるかと思いますが、お焚き上げは故人の冥福を祈る大切な儀式です。形見分け以外の遺品は、お焚き上げしてあげましょう。

また、お焚き上げは故人だけではなく残されたご遺族にも関係があります。生前、故人が大切にしていたものを浄化で供養することによって、自分たち遺族も悲しみから抜け出すことができ、故人とのお別れの儀式を行うという意味合いもあります。

お焚き上げの方法は?

お焚き上げの方法には、主に2種類があります。「現場供養」と「合同供養」が挙げられます。依頼する場合には、故人のお墓のある寺院や神社で執り行ってもらいますが、故人が信仰している宗派があれば、そちらで供養してもらうのが理想的です。

現場供養とは、故人が住んでいた家に僧侶が出向き供養する方法です。合同供養とは、供養したい遺品を預けて他の方の遺品と合同で供養する方法です。合同供養の場合には、寺院や神社に持ち込むのが一般的ですが、故人が愛用していたものを箱に詰めて供養する方法もります。

お焚き上げに掛かる費用は?

現場供養と共同供養で費用は違います。依頼する地域や供養するものの量によっても費用は違います。

一般的に現場供養の場合は、相場は20,000円程度と言われています。合同供養の場合の相場は、5,000円程度が多いようです。

神棚や仏壇は、魂抜きをする!?

本来、故人の魂は神棚や仏壇に自然に寄り付き宿るものとされており、その霊なる物を呼び覚ます意味で魂抜きをすると言われています。そのため、魂を抜いてから処分する必要があります。これをしないと、魂がこめられたまま処分することになりますが、宗派によっては行わないこともあります。

遺品整理とお焚き上げが困難な場合には、業者に依頼する

遺品整理とお焚き上げを自分で行うことができない場合は、業者に依頼することができます。ただ、気になるのはどんな人が自分たちの代わりに遺品整理とお焚き上げを行うのかということではないでしょうか。

どんな業者に依頼したらいいの?

孤独死での過度な状態である場合や近くに住んでいない場合など、事情により遺品整理とお焚き上げができない場合は、遺品整理を業者に依頼することができます。遺品整理を依頼できる業者には、遺品整理専門会社、便利屋、特殊清掃業務会社などがあります。

遺品整理を専門に行っている業者に依頼した場合は、自分に代わって「遺品整理士」という資格を持つ者によって遺品整理が行われることになります。原則として、食品は処分し、家電製品は中古品として売却されますが、貴重品や思い出の品などは遺族に引き渡されます。

遺品整理士とは、遺族の想いに寄添い整理を行う、モラルを持った方であり、遺品整理に関係する法令の古物営業法、廃棄物処理法、家電リサイクル法、小型家電リサイクル法、運送法をしっかりと学び資格を取得した者とされていますので、安心して依頼できます。遺品整理士が思い出の品のなかでも遺族の気分を害すようなものだと判断した場合は、遺族側の心情を察して処分するとされています。また、業者に依頼する前にも、まずは遺族が遺品に手をあわせて、その後に見送られたほうが故人も喜ばれるでしょう。

遺品整理専門業者に依頼した場合の費用

主に部屋数や荷物量によって費用相場が異なる

専門業者に依頼する場合の流れとしては、まずは現地にて見積もりを取ることになります。そこで、処分する遺品量、部屋数、現場の状況、供養する遺品の量などによって費用が算出されます。業者により違いはありますが、1DKの広さで\80,000~が相場のようです。

まとめ

遺品については、いつか使うかもしれない、捨てるのはもったいないと思うものもあるかもしれません。故人が生きた証が遺品です。だからこそ、後悔のない供養をしたいものです。